スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賀正

明けましておめでとうございます。

挨拶にしては多少遅かったかもしれません。まぁ誤差の範囲内でしょう。


いいわけといってはアレですが、
わたくしこの度LPICと呼ばれるライセンスを取得するべく山にこもっておりました。
そう、最近巷で話題のLinuxです。「僕が一番Linuxをうまく使えるんだ」認定試験
14日、晴れてLPIC1に合格いたしました。
ありがとうございます、本当に申し訳ありませんでした。

  lpi-lpic1_1.png

取れたし載せてもいいよねッ運営?


しかし誰ですか「2週間も勉強すれば余裕ですよ」などとのたまってる輩は。
1ヶ月修行して大破寸前なのは私だけですか、そうですか。
"101問題"と"102問題"の各2科目、それぞれ800点満点で合格点が500。両方合格で免許皆伝。
当方101問題が540。誠に遺憾です。どうもまだ修行が足りないらしい。

さて出題された問題は全体を通して
"置かれた状況下での最適なコマンドを知っててかつ使えるか(--helpなしで)←これ重要 "
といった内容が多いです。
ゆえに実機で訓練積んでると強そう。
自分も某エミュレーターでブイブイいわせてましたが、
"○○するには××"だけでなくスイッチまでしっかり頭に叩き込んでおかないとエラい目に遭います。

あといざテスト会場に向かう前に、必ずGoogle先生に会場の地図を印刷してもらいましょう。
公式で配られる小学生が書いた宝の在処のような地図はあんまり正確でないことを肝に銘じておきましょう。
私の場合乗り込んだ電車が遅延なにがしで行き先変わってて千葉駅に降りたはずが千葉みなと。
折り返しもまた遅延、間に合わないと悟った辺りで鞄抱えて駅からダッシュ。
開始4分前で迷子、5分遅刻で入場、情状酌量。
カウンターのお姉さんから「2度目はないと思え」のイエローカード宣言を下されました。
時間に余裕を持たせることもまた大切なんじゃないかと(テストに限らん話ではあるな)。

ここまで読むとLPICに関わりひどい目しか遭ってなさそうですが、
対策本なんかで改めてLinuxを勉強してると
「んな使い方もあるのか」とか「なんぞこれ妙に便利だぞ」とか「反則だろ(?)」等々
ライバル共に差をつけるファールすれすれの絶技(基礎ともいう)を散々身につけられるでしょう。
近いうちに程々の待遇が得られるIT土方を志すそこの貴方、ガッツリ取ってきましょう。


というわけで明日からはちゃんと更新するぞ・・・と言いたいところなんですが
今度は自動車免許でございます。
何を血迷ったか、舞台は山形。1月20日から13泊14日、一面の銀世界へ。
わぁい!みどりいろの新幹線だぞぉ!
極悪視界にアイスバーン、ヘアピンカーブの急斜面で初心者から上級者まで安心して死ぬがよい。
俺、生きて帰れたらちゃんとここ更新するようになるよ・・・
今までみんなありがとう。



余談:Linuxを学ぶに当たって
今からLinuxに手を出すヒヨッコ共に先輩からのありがた~いメッセージ(←LPIC1ごときですっかり天狗モード)
1.ディストリビューションはVine Linux1択
 Linuxをインストールするにあたり、まず驚くのが種類の多さ。
 "Ubuntu"やら"CentOS"もいいものらしいが、個人的にはダントツでVine Linuxである。
 英語の分からん人ほどこれは当てはまる。
 ほかのLinuxは大概あらゆるヘルプが英語なのだ。
 勿論適宜インストールすれば日本語化できるものもあろうが、
 デフォルトであらゆる部分が日本語なのはVineの特権。
 あとX(ウィンドウデザイン)やフォントがちょっぴりかわいらしいのも配点高いぞ。

2.コマンドの語源を調べるべし
 その昔小生がコマンド"ls"の語源を教授に尋ねたことがあった。
 彼は胸張って答えた、「LandScape」の略であると。
 この度折角なので調べたところ「LiSt」であった。
 私も大人なので教授が全てではないと心では分かっていたものの、
 多少なりとも神格化されていた彼もただの人間だったと気づき、
 幼心に耐え難い傷が(あるぇ前もあったぞこんな場面
 閑話休題、これ以上私のような犠牲者は出したくない故、
 旦那だけでも正しくあってくれ
 他にも"dd"ってコマンドが"Copy and Convert"の略であるなど、
 バカバカしいこともたくさん学べて気づけばホラもう忘れられない。

3.略称に気をつけろ
 2番に近いかもしれないけど。
 i18n。何のことだかお分かりだろうか。
 Internationalization(国際化)の略である。
 真ん中の18文字をあろうことか"18"で略してしまったのだ
 ないがしろすぎる。Internationalizationにあやまれ。
 ほかにもL10Nとか。ライオンではない、残念。Localizationである。
 "この略称は○○が語源に違いない"とか、"そういうものなんだ"などという思い込みが、
 後々後悔を生むことがある(少なくとも私はそうだった)。
 めんどくさくてもやはり調べることをおすすめする。

4.viと血の契約を
 viとは悪魔のテキストエディタである。
 何も知らぬ者がうっかり召喚しようものなら、編集はおろか
 ":q!"という謎の呪文を知らなければ終了すらできなくなる
 しかしLinuxerを名乗る者、悪魔と契約を果たすこともまた避けては通れぬ道。
 viは解説を読むだけでは使えない。コマンドを暗記できても使えない。
 君は自転車に乗るため教習所に通ったか?そう、viは体が覚えるものなのだ。
 メモ帳なり何なりでカーソルを下に移動しようとしたとき、
 咄嗟にESCに手が伸び始めた辺りで君の魂は既にviの手中である。
 この時点でもう普通のエディタは使えないはずである。
 それほどに中毒性が高く、完璧で、美しく、素晴らしいエディタなのだ(←vi病発病の一例)
 常用を考えていなくても、viのキーバインドはLinux界では何かと頻出するので
 慣れておいて損はないはず。


それでは、助手席に人を乗せられるようになって帰ってきます。
失礼いたしました。
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

トンボのユウ

Author:トンボのユウ
↓プロフィール

↓mixiとも連動開始


自転車仲間(チャリトモ)募集中。
本文中のリンクなどに何か問題がありましたら一報コメントを。
また記事最後の
手のマークを1回押すごとに
中の人のHP上限値が1増え、
すぐ下↓のアヒルマークで
MP上限値が1増えます。
積極的に押しましょう。

ブログランキング
PUSH me↓

FC2Blog Ranking

過去の記事一覧
↓いわゆるバックナンバー

記事一覧

RSS
RSS発信中。
  • RSS
リンク
埼玉近辺のお天気
メッセージを送る
一言送れます。

名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

便利な小道具
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
火ギツネ4.0絶賛稼働中。



  • The GIMP
  • フリー画像編集ソフトの
    ひとつの到達点。
    日本語にも対応。

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。