スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

もう2010年も終わりですよ。早いもんです。
思った以上に名古屋は寒い所です。手が冷たくてtypoが増えます。
本当は今頃村長と共に有明を飛んでたはずなんですがねぇ

嗚呼振り返れば2010年、
本当に思い出せないくらいいろんな事があったようななかったような(単に思い出せないだけ)


ああそうだ、やや旧聞ですが
9x・XP時代の英雄、マストアイテムだったあの"窓の手"が
6年の歳月を経てついにfor Windows7として帰ってきたそうで
先んずはインストール、話はそれからだ
madonote1.png

公開日をよくよくみると12月25日。
とんだ紳士淑女へのクリスマスプレゼント。
現時点ではbetaながら、これは今後に期待を寄せざるを得ません。


おせち作ってきます。
皆さま良いお年を。
スポンサーサイト

WOL

今年の年末年始は名古屋で過ごすことになりまして。
お陰様で毎年恒例のアレゲ祭り某即売会に参加できません。
どなたか私の代わりに琴久先生の新刊を買ってきていただけませんか


さて千葉の実家に母艦(デスクトップPC)をおいていくとなると不安なのが
いざというとき欲しいデータが手元にないこと。

今年の夏、2泊3日のパジャマパーティー同好会の同窓合宿祭に飛び入りした際は
確かログイン画面でスタンバらせてリモートデスクトップを立ち上げてたはず。
というわけでリモート環境は既に組立・動作検証済みなので心配は要らないんですが、
問題はログインできるように母艦が常に電源ONだということ。
寿命を縮めかねないし何しろ電気代が(ry
それに最も心配なのが、なんかしらの原因で電源落ちたら手も足も出ないという点。
あの時は近年希に見る猛暑だったのもあり、
回線が不安定になるたび涙冷汗鼻水諸々禁じ得なかったような記憶も。

とにかく、使ってない間は母艦を休ませてあげたい。
せめてスリープ状態。あわよくば電源OFF。


どうやらこの世にはそんな夢を叶えてくれる技術があるようで。
"Wake on LAN"、略称WOL。
a_d.gifの紳士達が開発した技術だそうで。Intelでもできまっせ。


必要なもの
・WOL対応のLAN端末 (デバイスマネージャで確認・有効化できる)
・WOL対応のマザーボード (BIOS設定画面で確認・有効化できる)
・WOL対応の電源 (WOL付きマザーとセットだったなら大抵大丈夫。ATX2.0以上だっけか)
・WANから受け取った任意ポートのUDP信号をLAN側にブロードキャストしてくれるルータ
(購入前に対応しているかの見極めが難しい、
 WOL対応などと書いてあればガチ。"WAN->LAN中継機能"なんかでもOK)

んじゃやってみましょうか。
LAN機器とマザーボードのWOL機能を有効にしたら、今度はルータの設定。
WAN->LAN中継機能やらWOL機能のあるルータであれば、有効にして好きなUDPポート番号を指定したらOK。
ない場合はWANからのポート転送で、
好きなUDPポート番号からLAN側IP"192.168.xxx.255"への、
すなわちLANに接続した全ての機器への転送を設定。
起動PCの特定はIPアドレスではなくMACアドレスによって行われます。大丈夫全部起動したりしないから。
一部のルータはWANからのポート転送データをブロードキャストをしてくれないものもあるらしく、その辺運。
ファームをアップデートしたらできるようになったなんて話も。
機械の設定はこれだけ。

また当然といえば当然ですがWANIPを固定できるプロバイダー、もしくはDDNSサービスを併用しないと
インターネットを経由したWOLは実現できません。
DDNSってのは早い話がIPが変わっても、変わることのない"名前"をPCに付けられるサービス。
タダでやってくれる場所もあるとのことで、
私の場合は必要ありませんでしたがWANIPがコロコロ変わる方は試してみましょう。

私のルータ(機能搭載ONU)PR-S300SE(NTT東日本)だとありがたいことにWAN->LAN中継機能付きでした。
折角なんでポート転送も試してみましたが、
WANからのブロードキャストを嫌がるタイプのようです。残念。


用意が調ったらWOLシグナルを発信するプログラムを入手。
検索すればフリーで良いものがあると思います。
今回は「Wake up On Lan tool」というものを拝借、使ってみました。

wolconfig.png
ポート番号は先ほど好きに決めたUDPポート番号。
宛先IPは自分のWAN側アドレス。「確認くん」なんかで手っ取り早く調べられるはず。
サブネットマスクはインターネット越しの起動なら255.255.255.255。
試しにLAN内でやるなら255.255.255.0でしょうか。環境によりけりですわな。
あとは対象としたいMACアドレスを打ち込んでやれば準備は完了。
MACアドレスならコマンドプロンプトでipconfig /allあたりで分かるんじゃないんでしょか。


WOLでPCが立ち上がる仕組みとしては、
①PCの電源は完全に落ちている(スリープですらなくシャットダウン)
②WOLモードが有効になっていると、LANだけ省エネ状態で待機させられる
③別PC上のWOLツールが対象IPに向かって特殊なUDP信号を送りつける
④WAN側の特定UDPポートからデータを受け取ったルータは、その信号をLAN側マシン全員に送信
⑤信号の内容は"1"が48ビット続いた後、叩き起こしたいPCのMACアドレスを16回唱えるといった単純なもの
⑥対象でないPCはそのままグッスリ、16回名指しで叩かれたLAN端末はマザーボードに起動シグナルを送信
⑦電源ボタンを押したごとくブートストラップ開始

こんなところかしらん。
なんでLAN側全員に信号送りつけなきゃならないかって、
電源落ちた機械にはIP振らないルータもいるでしょうし、全部としておけばその点問題ないので。


さあこれでリモートデスクトップを組み合わせれば可能性が無限大。
ただし言わずもがなMACとIPがばれちゃえば電源入れたい放題ですし
そこへ来てアカウントにパスワードつけてなければマイドキュメント見られたい放題なんで
それだけ気をつけて。

ボタンも押してないのに勝手に電源が入る様は圧巻。
カッコイイじゃん、SFみたいで。
暇があったら試してみては。

今日はここまで。

成田山

先日紅葉見たさに成田山にいってきました。
とは言ってもカレンダー見たら2週間近く前の話です。
片道32kmのチャリの旅。いつもの折りたたみ自転車です。
折りたたみ自転車の使い方を間違っている気がしなくもありません。
嗚呼ロードが欲しい。


narita_map_1.jpg
道のりは国道409号をひたすら北上するルート。
町と街を結ぶ道はこれしかなさげ。
見ての通り鉄道の配線が実に不便です。
こうなると帰りがダルいからってチャリたたんで電車で帰るという裏技が使えません。
素直に64km走破するしかなさそうです。

R0011697_1.jpg
さあ腹くくりましょうか


R0011702_1.jpg
スタートから18km、だいたい中間地点。八街から富里に突入。
ちなみに八街付近の名産品はピーナッツ。
この季節だと畑に藁かビニールシートをかぶせた枯れ枝の山みたいなものが散見されますが、
どうもこれピーナッツを乾かしているらしく、業界(?)では「ぼっち」などと呼ばれているそう。


R0011703_1.jpg
スタートから27km、全長110kmのアオダイショウ・国道409号とはここでお別れ。
成田山もすぐそこです



JR成田駅が見えれば後は歩いていける距離。
無謀にもチャリで来た方、あるいは車の方は
成田山新勝寺の北側に回れば駐車・駐輪所がありますのでそちらに。
特にチャリだと成田駅近辺に止める場所一切ないので注意。


R0011705_1.jpg
一通単車線、狭い道の両脇にひしめき合う古めかしい店の面々はなかなか印象的。

成田山に着いてまず出迎えてくれるのは入り口から続くやたら急な石階段。
膝笑っちゃって帰れるか不安に。

登り切ると、"アレ"がありまっせ(なんて言うんだっけコレ)
R0011709_1.jpg
R0011710_1.jpg
ひたすらむせかえりながら頭にかぶっときましたが
こんなんで私のベースクロックあがるんでしょうかね。


R0011708_1.jpg
正面にましますは大本堂。いやぁえらいスケール。
ここから右手に向かえば成田山公園。さあ紅葉はどんなもんでしょうか


R0011714_1.jpg
あ、あれ、11月末というのにまだピークでもなさそう。
でもこれはこれでカラフルできれいかな

R0011738_1.jpg

R0011720_1.jpg R0011721_1.jpg
あ。アカトンボ。
実家の近所じゃ仲間をとんと見なくなったけど
いるいるいっぱい、かわいいかわいい


R0011723_1.jpg
最北に構える大塔にて。
ここの紅葉がひときわきれい。



さあ成田に来たからには"ウナギ"ですよ。
成田山近くの「川豊」ってお店がかなりの評判だったんで入ってみました。

お昼のつもりですが既に3時半回っております。
間違っても12時1時やらに来ないこと。
人が多すぎて店に入れません。3-40分はウナギどころかお預けを食らうでしょう。

R0011745_1.jpg
嗚呼っ思わず見栄張って"上"注文してもうた
お吸い物付きで2100円也。並は1500円らしいけど果たしてどう違うのだろう

ところで成田の名物ウナギ、
かつては印旛沼でとれた川魚を地元市民が料理して食べる程度だったものが
江戸時代旅人達に出したところウケたらしく、
中でも栄養豊富なウナギが人気メニューとなったそうな。
その名残が今もなお軒を連ねるウナギ屋として今に伝わると・・・
ただ、よそのお店の看板には「本日のウナギ:愛知産一色」などと書かれてたり
一体どこからどこまでが伝統なのか
あ、きたきた


R0011748_1.jpg
お、お、おおぅ、
味はしつこくないのにとっても濃厚。タレがまた抜群の相性でご飯が進む進む。
最高に贅沢してる実感がある。
これはライス追加必至だ



R0011751_1.jpg
ゆうやけこやけで日が暮れて。い、いかんもう暗くなってきた。そうかもうじき冬なのか
次はお寺メインで回ってみたいけどいかんせん自転車が(ry


さて帰途につこうと境内歩いてるとちらほらランドセル姿の子を見かけるんですよ。
最初なんという信心深さと軽くショックを受けたものですが
どうやらこのお寺、通学路の一部のようで。
成田山から目と鼻の先、成田高校付属小、私立の小学校のようです。

しかし・・・ここの男の子達の制服が、やたらにかぁいくってかぁいくって・・・
着てる子達も着てる子達でかなりの粒ぞろいで・・・
なんと言っても制服の半ズボンニーソックスが反則的で・・・ば、バカな、男の子なのに、絶対領域が・・・
これで体に不釣り合いなランドセルふりながら境内をとてとて走られたりなんかしたら・・・ああっ!
・・・ほふぅ・・・なんて目にいいお寺なんだろう・・・
このひといつか天罰下りますね。
だだだ大丈夫写真は撮ってませんほほほ本当です信じてください。
この歳で病院とピーポ君にはお世話になりたくありません><


さて実際はいろんな場所撮ったんですが
何しろ普通のコンデジ(RICOH R10)なものでダイナミックレンジが狭い狭い。
真っ黒だったり真っ白だったり。まあ撮り方次第か。CX4が欲しいぞ。止まらない物欲。


R0011755_1.jpg
後日サイクロメータを確認。
理論値は往復で64km。
寄り道1回迷子1回で大体こんなもんでしょ。

またくるぞぉ成田山。
最新記事
プロフィール

トンボのユウ

Author:トンボのユウ
↓プロフィール

↓mixiとも連動開始


自転車仲間(チャリトモ)募集中。
本文中のリンクなどに何か問題がありましたら一報コメントを。
また記事最後の
手のマークを1回押すごとに
中の人のHP上限値が1増え、
すぐ下↓のアヒルマークで
MP上限値が1増えます。
積極的に押しましょう。

ブログランキング
PUSH me↓

FC2Blog Ranking

過去の記事一覧
↓いわゆるバックナンバー

記事一覧

RSS
RSS発信中。
  • RSS
リンク
埼玉近辺のお天気
メッセージを送る
一言送れます。

名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

便利な小道具
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
火ギツネ4.0絶賛稼働中。



  • The GIMP
  • フリー画像編集ソフトの
    ひとつの到達点。
    日本語にも対応。

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。