スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷、鉄柱、そして耳栓

極度の雷嫌い、ユウです。

夏自体は好きなんですが、雷だけはやはり慣れません。
あの光、あの音、あの地響き・・・
何故みな平気か理解に苦しみます。


数億ボルトにもなるという、雷の被害を家屋から守る避雷針。
私から言わせれば「避ける」なんて書いて当たりにいく鉄柱ならぬ人柱、
しんでも自宅には付けたくない代物。

構造はシンプルで、
避雷針を屋上に取り付けたあと、伸びる導線を地中に埋めた導体に接続。
運悪く自分の方角に降ってきた場合、
通電性の良い避雷針側に電気が流れて地中に逃がすといった寸法。
20m以上の高さの建物には法律により必ず取り付けなければなりません。


一昔前に電車で遠出した際、
ある施設に避雷針がガシガシ立ててあって(概算20本)、
「随分自虐的な建築物だな」と内心哀れに思ったものですが、
つい最近ゴロゴロ鳴って半狂乱で雷について調べていると、
避雷針にはもう一つの効果(むしろそっちがメイン)があるようです。


雷の正体は当たり前だけど電気。

雷発生のメカニズムを簡潔に要約すると、
①熱で地面あったまる
②水蒸気あがってく
③寒い上空で水蒸気が水滴に戻り、さらには凍る
④氷同士が気流にのって激しくぶつかり合う
⑤下敷きをセーターでこするように、雲全体が「分極」をおこす
⑥逃げ場のない電気が地面にまとめて降ってくる
といった感じ。

つまりうまいこと電気(電子)の逃げ場を作ってやればあんまり降ってこなくなるし、
もし降ってきても威力を抑えることが出来るってわけ・・・

その手段のひとつが避雷針。
空中にまっすぐ伸びた導体が逃げ道にはもってこいで、
雷雲の発生を穏やかにしてくれるんだそうな。

つまり一家に3本ほど避雷針たてれば雷がなくなると(ぇ


まぁ・・・現実にはそうはいかないんで、
雷が鳴り始めたら建物に逃げ込むなり、
自分より高いものの近くに避難するなりして、
直撃だけは免れなければならないわけです。

車に逃げ込むのも賢い手段。
「静電遮蔽」やら「ファラデーケージ」やらという効果が発動するため、
中の人は表で何が起ころうが雷属性に関しては平気です。


ただ、「」ばかりはどうにもなりません。
前回「ある耳栓」を買ったレビューみたいなもの書きましたが、
アレ、日用性は大いにあるものの、雷に対してはどうも心もとない。

そこで、今回は雷に特化した耳栓を探してみようと思います。
科学風味に。



まずはこれを開いて頂戴↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/雷

ご存じ、Wikipedia。このページの中に「雷鳴」という音ファイルがあるはず。
音量に注意して聞いてみましょう・・・
↓探すのが面倒な方用
thunder(mp3)
右クリックで保存してから再生


このファイルを音声合成・解析ソフトで開いてみました。
使ったツールは「Audacity」。便利ツール。


thunderwave.png
これが雷鳴の波形。さらに拡大してスペクトル表示に。


thunderspect.png
↑すると、このサウンドに含まれる周波数の分布が表示されます。
青から紫、赤、白へと向かうにつれ、その周波数の音は大きくなっていきます。

見た感じ、下の方がビンビンです、下の方が (こら
じゃあ上の方は雨音?試しにけずってみますか。

thunderlowpass.png
下の部分だけ。再生してみますか↓
~500HzLowpass(mp3)
を。雷だけ抽出できた


ということは
thunderhighpass.png
低音さえけずれればッ
1000~HzHighpass(mp3)
をををををををッッ!!
雷消えた!
もう怖くないッ!!


つまりは、
雷に対抗するための耳栓には低音域に強いものを選ぶとよさげ
ということらしい。

低音に強い耳栓耳栓・・・
これがいいのかな。
アフィじゃないんで気軽にPush。参考までに。


買って試しに使ってみました。
スポンジを押しつぶして耳の奥まで差し入れると、ゆっくりスポンジが原型に戻って
高い耳栓効果が得られるそうな。
なかなかの圧迫感があるものの、慣れれば支障ありませんね。
ほんとは鳴らないのが一番いいんだけどね・・・

きょうはここまで。



thunder.mp3, The original sound was recorded by "Bidgee".
The original file name is "Thunder.ogg".
This file is licensed under the Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
In short: you are free to distribute and modify the file as long as you attribute its author(s) or licensor(s).

スポンサーサイト

というわけで

家族がふえました。
ren2.jpg

リンレンです。
はい、間違いありません。
どう見てもレンきゅんです。

一人だと心細いでしょうから、
miku3.jpg

「お姉さん」も連れてきました。


1クレ200点、500点で3クレ。
自分はプライズ系のセンスが壊滅的なんで、
2つ合わせて2000点はかなりの快挙。
未だに思った場所でアームが止まりません。
降ってくるもの」ならいくらでも止められる自信があります。

さて2人も増えるとなると、気になるのは降板登板。
↓before
tana_before.jpg


↓after
tana_after.jpg

ゾーマがついに暇を食らいました。
私のショーケースにおいて年功序列など通用しません。
ねぇゾーマ、ウーパールーパーって知ってる?

・・・そろそろ棚も買い増しかねぇ




せっかくなので撮影会。
まずはミクから。

miku6.jpg
なんと髪支える支柱が付いてきたw
バサバサすれば飛べそうです。


miku5.jpg
やはりプライズとは思えぬクオリティ。
いい時代になりました。


miku8.jpg
グッと反らせた姿が雰囲気出してる


miku9.jpg
後ろ姿。


miku10.jpg
ローアングルあおりの構図。
限界に挑戦です(何




さあお待ちかね、レンきゅんオン・ステージ。


ren1_20090719010353.jpg
ミクと比べるとあたま半分背がちっちゃい。芸が細かい。


ren3.jpg
最早ありません。すばらしい。


ren4.jpg
この後ろ姿の破壊力。


ren5.jpg
キュロットは反則ですぜ


ren7.jpg
ついでにレンも下から撮ってみました。
この子あおっても何も出てきませんよ
あんまりかわいいんでついカッとなって超・高解像度。
さぁ周りの目を気にしながら挙動不審にクリックするんだ


いやぁ実にいいものをとった、うん

あ、テスト来週だ・・・
なにやってんだ自分・・・
今日はこの辺で。

こないだゲーセン見てみたら

こ、これは。
miku1.jpg

ミクとリン!
プライズだというのに、なんなんだこのクオリティはッ!


miku2.jpg

・・・あ、あれ?

レンきゅんはどうした―――ッ!?

何でレンきゅんがいないんだあり得ない
まじでいないのかガチでいないのか
店員さんに聞いちゃうぞ?



聞いちゃったぞ(過去完了

フん、そうかいそうかYo
「需要」がないってかYo?
いないとか惜しいなぁ
レンきゅんだけでいいから獲って帰りたかったなぁ

ん? ハッ!そ、そうか!!
リンを男のコとして愛でればいいのか――――――ッ!!
な、な、な、なるほどオォォ――――――!!
単・純・明・快ッ
なんという逆ブリジット。



いま話題のProjectDIVAてやつをやってみて
今更初音ミクはすごいんじゃないかと気づき始めたユウからお送りしました。

ハァ、ハァ・・・
なんだか取り返しのつかないことを書いてしまった気がする・・・

帰省

昨日の帰省中・・・
電車をホームで待ってる・・・
目の前にただの駐車場・・・
build0.jpg











































build2.jpg





















build3.jpg



(゚д゚ )?













buildf.jpg


(゚Д゚;) !!?


・・・ハッ!
(つД⊂)ゴシゴシ

build.jpg

ハァ・・・ハァ・・・

巷で言う職業病
やはりあのゲームは精神衛生上よくない。うん。



電車乗ったらこんなの貼ってあったん↓
TKUcm.jpg





・・・・・・

















こうでしょ

TKUcm_correct.jpg




おやすみ。

アンテナ

ユウです。多忙です。助けてくだしあ。


この間(といってもだいぶ前)気晴らしに20kmほどチャリ走らせてたら、
いつの間にか周りに田んぼしかない。

もの寂しい地平線を見渡してみると、正面に突出した鉄塔を発見。
なんだろ。
antenna.jpg
うぉ、やたら高い。
なんの施設かしら。

nipponhousou_20090701235743.jpg
に、ニッポン放送とな
ライオンならまだしもタヌキとか・・・もっと危ない感が・・・せめてその顔をどうにかだな・・・

近隣をカバーする送信アンテナでしょうか

調べてみました。

送信機なのは間違いありませんでしたが、
何と、これ一本で半径400~500kmほどまかなってるらしい。
近隣ってレベルじゃない。

その出力、我が目疑う100kW。
電子レンジが同時に200台ほど動きます。
ラジオとか電池なしで聞けそうです。むしろ壊れそう。
か、体に悪くないのか、これ・・・



余談ですがこのニッポン放送、
季節や昼夜、太陽の機嫌など条件がそろうとグアムでも聞けちゃいます。
IT社会の中、ラジオもまだまだ捨てたもんじゃありません。

今日はこの辺で。
最新記事
プロフィール

トンボのユウ

Author:トンボのユウ
↓プロフィール

↓mixiとも連動開始


自転車仲間(チャリトモ)募集中。
本文中のリンクなどに何か問題がありましたら一報コメントを。
また記事最後の
手のマークを1回押すごとに
中の人のHP上限値が1増え、
すぐ下↓のアヒルマークで
MP上限値が1増えます。
積極的に押しましょう。

ブログランキング
PUSH me↓

FC2Blog Ranking

過去の記事一覧
↓いわゆるバックナンバー

記事一覧

RSS
RSS発信中。
  • RSS
リンク
埼玉近辺のお天気
メッセージを送る
一言送れます。

名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

便利な小道具
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
火ギツネ4.0絶賛稼働中。



  • The GIMP
  • フリー画像編集ソフトの
    ひとつの到達点。
    日本語にも対応。

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。